Top > スロートレーニング

スロートレーニング

スロートレーニングはスロトレとも言われているのですが、雑誌やテレビなどでも紹介されているトレーニングの方法の一つです。

スロートレーニングは、筋肉トレーニングの種類の一つですが、その名の通り、スローなトレーニングですから、ゆっくりとしている動きで筋肉にゆっくり負荷をかけていくというのが特徴のトレーニングです。

例えばスロートレーニングでは、5キロくらいのダンベルを3秒上にあげて10秒でゆっくりとしたに下ろしてくるといったような動きでトレーニングをします。

早い動きでのトレーニングは全身の力を使って、反動を使うことになると思うのですが、スロートレーニングの場合にはゆっくりとじわじわ筋肉を意識しながら集中してトレーニングすることができるので、その部分に負荷がかかり、ゆっくりと効果を表してくれるのです。

スロートレーニングは一番最初に遅筋を動かして、そして中間、速筋の力を使って動かしていきます。こうして筋肉を使うことでゆっくりと筋肉を鍛えることが可能で、さらにバランスよく鍛えられるのです。

スロートレーニングを1回行うにあたっては時間をかけて行うので、早い動きのトレーニングに比べるとそれほど回数を重視するのではなくて、時間をかけて行うということがポイントです。

体脂肪を燃やすのにもとても効果があるといわれていますから、今ではメタボリック対策にも注目されています。

関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
筋力トレーニング(2015年2月28日)
筋肉トレーニング(2015年2月28日)
トレーニング器具(2015年2月28日)
スロートレーニング(2015年2月28日)
加圧トレーニング(2015年2月28日)