Top > 腹筋トレーニング

腹筋トレーニング

腹筋トレーニングのポイントは腹筋をする際に、体を起こして元の位置にもどるときに、床に体をすべてつけるのではなくて背中は浮かせた状態でまた体を起こすということを繰り返すことでより効果が現れます。腹筋を行う際には寝転がった状態から腹筋を使って体を起こすと思います。元に戻ったときに背中を床につけて休んでしまう人もいると思いますが、そうすると効果は半減です。腹筋トレーニングをする場合には、背中をつけずにすばやくまた状態を起こすことが大切です。

具体的な腹筋トレーニングの方法としては、まず両手は頭の後ろにもって行って組みます。そして仰向けになりましょう。そして足を伸ばして行うと膝を痛めやすいといわれていますから負担がかからないようにするためにも、膝を軽く曲げて行いましょう。

そして腹筋に意識をおいた上で、反動をつけて行うのではなくて腹筋だけで体を起こしていきます。そうすることで腹筋により効果が現れます。

そして元の状態に戻る際にもすぐに戻るのではなくて、腹筋を意識しながらじわじわと戻ることに注意するとより腹筋の効果が期待できます。

一人で腹筋トレーニングを行っても十分に効果はあると思いますが、もしも誰かと二人組で行う場合には足を抑えてもらうとより腹筋に意識を置くことができますからより効果的です。

1回に行う腹筋の回数としては、10回くらい、そして慣れてくれば1度の腹筋トレーイニングで20回ほど行うとより効果的です。

関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
筋力トレーニング(2015年2月28日)
筋肉トレーニング(2015年2月28日)
トレーニング器具(2015年2月28日)
スロートレーニング(2015年2月28日)
加圧トレーニング(2015年2月28日)